ページの先頭

鳩対策 鳩の巣 鳩駆除はあんじん静岡

あなたの街の鳩対策・駆除・巣(飛来防止)は、鳩対策専門のあんじん静岡がお力になります。

鳩対策のあんじん静岡

鳩飛来防止施工実績 日本一
鳩駆除成功率100%の実績と3年間の長期無料保証
鳩公害専門対策のプロフェッショナルです。

電話受付
鳩の生態

■ハトは繁殖率が高い

ハトの繁殖期は、北日本で4月〜10月頃ですが、都市部(工場などの施設の中)や関東より西では1年中繁殖します(年5〜6回)。産卵は夕方行われ、1回の産卵で2個の卵を産み18日間抱卵します。
ヒナは生まれて40〜50日あまりで巣立ちをし、生後6ヶ月で成長し繁殖期に入ります。 この繁殖率のよさが、ハト増加の一因です。

■帰巣本能が強い

ハトは必ず生まれた場所に戻って巣作りを始めます。帰巣能力は500〜1000kmあるといわれていますが、通常の行動範囲は20kmほどです。
巣づくりに好む条件は、外敵が少なく、エサ・水・緑があり、安全に巣を作る建物が近くにある事です。マンション等の高層の建物では、ほとんどが3階から10階くらいに巣をつくります。なぜなら低い場所ではイタチやネコにいたずらされ、10階以上だとトビやカラスに狙われるからです。

■家族(群れ)は大切な仲間

数羽〜数十羽の群を作りますが、多いときは100羽以上の群をつくることもあります。性格は闘争的で、大きな群になると、天敵のカラスにも向かっていく事があります。

フン害について

■フン害について(鳥全般)・建物の景観を損ね、金属の腐敗を招く

ハト(鳥)のフンは体の大きさの割に多いと感じられます。フンは尿と一緒に排出する強い酸性です。
それは空を飛ぶ為できるだけ体を軽くしておく必要があり、食べたものは早く排出する機能になっているからです。
このフン害は、金属の錆や腐食の原因となり、アメリカでは橋の崩落事故の原因と報告された事があります。 また時間の経過とともに白化し汚れが落ちにくくなるため、建物の景観が悪くなるばかりか、健康被害も免れない恐れがあるので早目に処置をしたほうがよいでしょう。

■健康被害について

近年、ハトの増加によってひき起こるハトのフン害を少しでも防ごうと、ハトが群れをなす公園で、餌やり禁止の立て看板で協力を呼び掛けたり、ハト害対策に取り組む自治体も多く、社会問題になっています。
ハトとの関わりをもった病気の一つにオウム病があります。ハトなどの野鳥から感染する病気でクラミジアに感染しているトリは糞便中にクラミジアを排泄します。乾燥した糞が埃や羽毛などとともに舞い上がり、それを人が吸い込むことで感染します。
その他に、アレルギー性喘息・皮膚炎、呼吸器疾患等もあり、ハトの鳴き声や羽の音で睡眠を妨害され、健康被害を訴える人も少なくありません。

フリーダイヤル
鳩害について
鳩害について
新聞雑誌
長期保証